-->

次回高滝対策

公開日:  最終更新日:2014/12/03

前回前々回反省し、一回仕切りなおし。

 

水位が増し、濁りがあったのでそれをベースに考えると、ミエバスばかりを狙えない。

んで、バスはいつまで来るかわからんし…見え無くなるまで通うかな。。

 

シャッドやチャターでのアプローチに加え、ルートにワームを配置しておくことも必要か。

 

ルアー

シャッド

※早巻きは反応よくなかったので..

スロー巻きで寄せられるか。

寄せたら、アクション加えて食うか。(ペースアップ、ジャーク・トゥィッチからストップ)

→食わせられないならi字系、s字系。

チャターは寄せる率は抜群に高い。食わせられてない。フラッシング系を用意してみるか。

ソフトルアー・ワーム系

※ワームは見て食わない実績が高い。可能性は低いが毎回の反応は見ておく。

フリック・ワカサギ系ノーシンカーフォールへの反応、→だめならi-waver。

手前、対岸の岸際のルートに配置。スモラバもありかな。

アンダーショット、小さいルアー・リアル系ワームで。

逆に6インチカットテールとかどうだろ。

アピール弱め・i字系

※こいつらによってこないようなら、リアクション狙い、アクションが強い方向へ。。

・i-waver

・セイラ

アピール強め・s字系

※スピナーベイトぐらいボリュームあって、絡まったときみたいに変な?泳ぎと溜め。

・ジョイクロソフト

・スピナーベイト

 

時間帯

朝一

いつもチャターでやってしまっていて、食わなかったので、シャッドでよるかを見たい。

アピール強めも使いたい。

 

日中

いろいろだぜ。広めに。

 

 

むむむむー。何が正解だ!