-->

ジグヘッドリグ・ジグヘッドワッキーの使い方・メリット整理

公開日:  最終更新日:2017/02/05

 

 

ド定番、伝統、ジグヘッドリグ。アジングやメバリングでも使われる。

キビキビした動きでスイミングか、頑張ってミドストでローリングアクション?

ジグヘッドワッキーでゆっくりもいける。

ただし、カバーは勘弁な!!

 

そんなジグヘッドリグの個人的メリット、利用ルアー等を整理!

 

 

結び方・ワームのセッティング

針=リグなので、糸は単純に結ぶだけ。特別なことはなし。シンプル。糸を結ぶだけ。

 

image

 

ワームのセッティング例

例1) スタンダート 縦差し

一般的なセッティング。ワームが曲がらないように注意が必要。ここが難しい!

何回もやって練習するしかなひ。。

image

こんな感じで、刺す前にどこから針を出すかあたりをつけておこう。

image

例2)ジグヘッドワッキー

ストレートワームの真ん中にさす。ダウンショットのワッキーセッティングと同じ。

image

 

【補足】シンカー・重さについて

ジグヘッドの重さは1/32-1/16ozが中心。ワッキーなら1/32から、縦差しなら1/16ozから調整という感じ。

 

 

ジグヘッドの色々な種類

シンカーと針が連結されているというシンプルな仕掛けではあるが、その種類・製品が色々工夫されているのでその一例を紹介。

image

左から

・1番目は、シンカーと針の連結部分が太く、ワームストッパーがついている。着水の衝撃などでワームがずれるのを防いでくれる。

 

・2番目は、ラバージグのようなガード付。フッキングは悪くなるが、根係防止に有効。

 

・3番目は、針部分がオフセットフックの形状になっている。(フロリダリグ?)根係防止になる。個人的にフックサイズが合えばこれを最優先で使う。

 

・4番目は、プロペラ付のジグヘッド。プロペラの波動がバスを誘う。微波動。

 

 

他にも、シンカーの形状に変化を加えることで、フォール時の動きに特徴を持たせたものや、ワッキー用に針を短くしたものなど様々ある。

ジグヘッドでの根掛回避

img_2033.jpg

 

上記のようなガード付きのジグヘッドもあります。このガードで根掛を回避します。下の方はガードが針金で、よりガード力が強くなっています。

また、写真の二つはヘッドについているアイ(糸を結ぶところ)の位置が違います。

上は「真上」

下は「斜め上」

 

斜め上についている方が、ヘッドが障害物に引っかかった場合に回避しやすくなるそうです。

 

でも最強は前述のオフセットジグヘッドだと思ってます。フッキングも大丈夫だとおもうんだよなぁ。


ネイルボム(デコイ)

 

 

 

 

次のページでは、メリット・デメリット、おすすめルアー紹介

 

12