-->

【釣れない!】高滝でおかっぱり 2016年10月8日【やっぱり!】

公開日: 

だいぶ久しぶりに高滝へ。

秋が始まるころかなと。

 

湖の状況をみると、全体的にだいぶ推移が現象。本湖でもシャローになっているような所は出ている。

下流域はアオコと浮きごみがたまっていて酷い状態。

 

ということで、上流から入る。

 

ここは例年通り、バスは見つけられるが喰わせられない。

横にも、落ちているものにも反応するけど、最後の食わせが成立しない。

 

寄せられるけど。喰わせられない。最後のリアクションを試みるしかないか。。

ワームによったら、一気にふわっと相手がわに寄せる、ことが出来れば,,,,

 

また、食い気を誘うために、今食べないとー!!と思わせるために、逃げる様を演出したいとも考えると。

上をキープしながら加減速を繰り返せるものが、良さそうなので、シャッド・ミノーが使えるかも。

でも、いつも、追うだけなんだよなぁ。。

 

早朝を終えたぐらいに、発見できるバスもだいぶ減ってしまい、バス探しに移動。

 

本湖がわで、公園、川への入り口と2ポイント回るけど、気配なし。

公園もだいぶ水位がさがっている。濁りはいつも通りという感じ。

いつも濁っている。

スモラバとスピンテールで、ポンポンアプローチするがだめ。

 

川入り口側では、深めのラインと、シャローへのなだらかな傾斜を

ダウンショット、ネコ、スモラバで探り、ストラクチャーがなんもない感じにうんざり。

シャッドや、大きめのドライブシャッドを巻いて見てもだめ。

 

疲れて、本湖のもうちょっと下流に行くが、入りたい所に人がいたので、再度上流別のポイントへ。

 

こちらではちょっとバスは発見できる。でも、まったく食わせられない。

川の中でシャローになっている箇所をの周りや、対岸のカバーを探るが反応なし。

 

また、対岸への距離がちょっとあって、軽いルアーを対岸に届けられなかった。

pe、フロロ0.6号で、ルアー3-4gだとあと1-2メートルという所。

ラインはもっと細いのが必要かな。。

 

 

最後の最後、根掛をアタリと勘違いしたけど、

うぉっ!と、びっくりしすぎて胸が痛くなってしまった。

 

釣れていたら、自分死んでたんじゃないか。。。

 

まったく釣れず終了。

 

 

午前曇り時々雨、午後雨⇒晴れ。

釣れそうな天気だったんだけどなぁ。

 

反省点・次の一手

正直はっきり次の手が思いついてない。

・今回入れなかった希望のポイントの様子をなんとか探る。

・トップ、ミノー系をもうちょっと使ってみるか。。

・特定ポイント用に距離を稼げるラインを用意?

 

どれも、ちょっと決めてに欠ける。