テキサスリグの使い方・メリットまとめ

公開日:  最終更新日:2017/01/28

最強の根掛かり対策リグ。
とにかく根掛かりさせたくない場合はこれ。
カバーを突き破り、オダの隙間をすり抜けてバスの元へ。

 

ブラックバスだけではなくて、その根掛かり回避性能から海で根魚相手にも使いやすい。

 

テキサスリグの結び方・ワームのセッティング

バレットシンカーと、オフセットフックにセットしたワームを用意。

img_1984.jpg

 

バレットシンカーのとがっているほうがロッド側(ワームと逆の方向)を向くようにラインを通して完成。

img_1985.jpg

 

簡単ね。

 

【補足】ストッパーを使う・使わない。

前述のセッティングだと、シンカーが固定されていない。

例えばフリーフォールさせると、シンカーだけが先に落ちてワームが別におちてくる。

これを防ぐためのシンカーストッパーというものもある。

目的次第ではあるけれど、カバーを通すことを目的にするなら、シンカーストッパーを使ったほうが扱いやすい。

ふわふわ落とす要素がほしい場合は、使わないほうがよい。

でもそもそも、ふわふわ落としたいなら、別のリグのほうが良いかと。

 

【補足2】ビーズを挟む・挟まない

シンカーとワームの間にビーズを挟むセッティングもあります。

シンカーとビーズがカチカチぶつかることで、アピール力が増す、ということみたい。

カチカチカチカチ!

 

テキサスリグの特徴(メリット・デメリット)

 

メリット

  • 根掛かり回避性能が高い。この度合いが各リグの中でもトップクラス。
  • 重いシンカーを使える。カバー貫通、込み入ったオダの中にも転がって入り込みやすい。
  • シンカーの重さを変更しやすい。

 

 

デメリット

  • 基本は重めのシンカーを利用するので、ゆっくりとした動きが苦手。⇒食わせはしづらい。
  • シンカーが大きいので、小さいワームは扱いずらい。

テキサスリグのおすすめワーム・ルアー

 

基本的にはフォールで利用する場合、アピールの強いホッグ系を利用する。

また、シャッドテールなどスイミング系のワームをつけて、巻き巻きしてもよい。

スイミング時はシンカーでレンジを変更できるので、結構便利。

 

  • パワーホッグ(バークレー)

    img_1983.jpg

 

  • ドライブクロー(O.S.P) ※写真は直リグ

    image

 

  • クリーチャーワーム(ゲーリーヤマモト)

    img_1985.jpg

 

  • ダブルモーション(エバーグリーン)

    img_1991.jpg

 

  • キッカーバグ(エバーグリーン)

 

主なアクション

  • フォール

    カバー回りにぶち込む。オダの中に落とす。フォール中のバイトも気にしながら着底を待つ。
    着底後、ちょっとアクションをいれる。。。ぴこぴこ。

 

  • ずる引き

    着底後のアクション。ずるずる地面を舐めるように引いてくる。地形把握ように使ってもよい。

 

  • ボトムパンピング(リフト&フォール)

    ボトムからちょっとはねさせて、着底させる。これを繰り返す。ずる引きよりアピールが強い。

 

  • スイミング

    中層を巻き巻きしてしまう。シンカーの重さも変えやすいので、狙ったレンジに合わせてシンカーを変えると。
    個人的には大きめのスイムベイト等で使うことも多い。
    シンカーとワームが繋がってないので、スイミング姿勢はあまり安定しない。
    ノーシンカーで問題なく泳ぐ大きめの奴じゃないと難しいかも。

 

テキサスリグのレンジ・アクション整理

レンジ・アクション評価表

定点(狭く移動) 横移動 フォール 備考
TOP
上層
中層
下層

 

どのレンジ、どのアクションが強いというよりも、「根ガカリしない」「とにかくカバーに強い」

カバーにひっかけて、シェイクという手も。

 

 

 

別のリグもチェック!!