-->

ノーシンカーリグの使い方・メリットまとめ

公開日:  最終更新日:2017/02/05

シンカーがないので、ゆーーっくりフォールするが、このゆっくりがバスには実に効く。

なので、縦にフォールさせるリグで一番食わせられるのはこれだと思う。

ダウンショットリグでも、ボトムでのノーシンカー状態が個人的な肝。

なので、全部ノーシンカーならこれ最強?

ある程度重さのある高比重ワームじゃないと、飛ばないので注意。

 

ノーシンカーの結び方・ワームのセッティング

IMG_1150

ワームをフックにセットするだけ。簡単。

基本はオフセットフック。

ワッキーならマス針。

 

結ぶだけなので割愛。

 

 

 

ノーシンカーの特徴(メリット・デメリット)

メリット

  • ゆーっくり落とせる。スローなフォールはバスに効く。食わせやすい。この力が抜群。
  • 着水も比較的静か。
  • 根ガカリしづらい。
  • セッティング簡単。やることもシンプル。
  • 浮くワームを使えば、水面ピクピクアクションができる。虫パターンも1種のノーシンカー。

デメリット

  • とにかく遅い。ボトムまで落とすのが待てない。水深があるところはやってらんない。短気には厳しい。
  • 操作感がわかりづらい。あたりや着底がとりづらい。しっかりラインで判断する。
  • ワームを選ばないと飛ばない。

デメリットの「フォールが遅い・飛ばない」という点について、

そうだからこそ、「そこにノーシンカーを届ければ釣れるかも!!」という期待感を持たせてくれます。

食わせの力は抜群なので。

フォールの速度はひたすら我慢!、飛距離はラインを細くしたり、ロッド柔らかく長くするということでサポートしていくことになります。

 

※ノーシンカーと流れ

流れやすいので、流れに乗せて目的地に到達させるような操作(ドリフト)には適しているが、
かなり詳細にイメージできないと、目的通りには難しい。

 

 

ノーシンカーで主に使うルアー・ワーム

  • ヤマセンコー (3インチ、4インチ)(ゲーリー)
  • グラブ4インチ(ゲーリー)
  • イモ(ゲーリー)
  • カットテール(ゲーリー)
  • ファットイカ(ゲーリー)
  • フリックシェイク4.8(ジャッカル)
  • フリックシェイク サイトマジック(3.8, 4.8)(ジャッカル)
  • ドライブスティック(O.S.P)
  • フラッシュJ(4インチ)(フィッシュアロー)

 

ゲーリーの高比重ワームが使いやすい。

まっすぐフォール以外ならドライブスティックも高比重。

ワカサギ系ならフラッシュJ。

自重が3g以上あると、ULなら問題なく投げられる。

 

ノーシンカーの主なアクション

フリーフォール 

ただ落とす。あたりとりづらい。ボトム着底まで長いので注意。

水深が2mぐらいなら、なんとか。。

おすすめワーム、ゲーリー系、フリックシェイク

ワッキー

上層でクイクイ。あくまで上層。

センコーだと強い水押がある。

おすすめワーム、フリック、センコー

ジャーク・トゥイッチ

引いて止めて、引いて止めて、その幅の大きさでジャークかトゥイッチか。

ワッキーでやってもOK

上層で、止めての時に落ちずらいので、大きめの間が取れる。

ワームによって、左右にスライド、首ふりのような動きもする。

 

 グラビンバズ

グラブをノーシンカーでセットして、水面をぱちゃぱちゃ引いてくる。

ライトなバズベイトみたいな役割。夏はこれが釣れる。マジで。

ほぼトップなので、釣れると楽しい。やばい。

アイラブ。

ちなみに、私はグラブのテールが下を向くようにセットします。

 

 

 私的まとめ

使えるものなら、フォールは全部これでやりたい。

でも、シチュエーションを選ばないとシンドイ。。

上層狙いか、シャロー限定が現実的。

 

でもやっぱり、これがくうんだなーー。

 

別のリグもチェック!!